FC2ブログ

「食と放射能に関する説明会」

1月23日(土)10:00~国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構(JAEA)原子力科学研究部門 企画調整室 大場恭子先生をお招きして『子育てに大切なこと―福島事故の影響と現状―』を講演していただきました。先生ご自身も、事故時に2歳と4歳の子を持つお母さんということもあり、お話しの中に“子育てのポイント”がたくさんありました(^-^)/

その中でも、
・福島事故が起きてしまった今、それぞれがリスクをどう捉えて行動するか。
・必要な知識を持ち、事故の経験を生かし、自分の感情も大切にしながらどう安全を守っていくか。
・“福島で子育てをしてきたのはどうしてなの?”と 将来、我が子に聞かれた時に自信を持って答えられる大人でいること。など、心に残るお話しをたくさん聞くことができました!!

実際に、事故後の子どもたちは学力・運動能力ともに低下していて、小学生の時期に「外遊びが足りない。室内で過ごす日が増えた」ことで肥満傾向になり、中学一年生なると学力低下が目立っているそうです。「がんの要因と放射線リスクの比較」で野菜不足や運動不足、喫煙などの生活習慣因子ががんになりやすいので、免疫力(修復する力)を高めることも子供たちの将来のためになります。


そして…乳幼児期は“五感を育てる”一番大切な時期!
今ある福島の現状を理解した上で、子どもたちが心豊かに、毎日を笑顔で過ごせるよう、これからも保護者の皆さんと情報を共有して保育をしていきたいと思います。最後に、大場先生から「子どもたちのために、ぜひ ハッピーなこと!家族で楽しい時間を過ごしながら子育てをして下さいね!」と、心強いお言葉をいただき、参加されたお母さん方から笑みがこぼれました~(^-^)/
IMG_5693.jpgIMG_5701.jpgIMG_5696.jpgIMG_5702.jpg




スポンサーサイト



プロフィール

たんぽぽ託児所

Author:たんぽぽ託児所
福島県田村市船引たんぽぽ託児所のブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR